WCO

メニュー

トップメッセージ

共創インフラSNS「CTime」を軸とし、「子供がなりたい職業ナンバーワンが起業家」を共創する

「持てる者」にも「持たざる者」にも、「時間」は全人類に平等に与えられたものです。
交通手段は利便性を増し、様々なネットサービスやアウトソーシングビジネスの発達により、お金を時間に変える手段は劇的に増加しており、「持てる者」は時間を買い、さらなる価値を生み出す時間を作ることができます。

しかし今は、貧しい者や社会的弱者、専業主婦や子供達など「持たざる者」は「時間を買う」どころか、限られた時間を売り、人生を削る頃によって生きることを強いられています。
今後、医療や科学の進歩により人の寿命は伸び、単純な人の作業はAIやロボットに取って変わられていく中で、人の時間はより増えていくと考えています。しかし、「持たざる者」の考え方や生活水準が変わらない限り、彼らは時間の使い方を見出すこともなく、ただ人生を消耗してしまうかもしれません。

これから増えていく「使い方が分からない時間」「持て余す時間」を「価値を生み出す時間」に変えるために、CTimeではどうすれば人々をエンパワートメントできるのか?どうすれば未来を豊かに生きられる術を学べるのか?という課題に向き合っています。社会インフラとして存在感を増すSNSは、特に若年層や組織に属さない「取り残されがちな人々」に焦点を当て、気付きと教育の機会を与えることが可能です。また、企業や自治体と個人の「接点」として、その役割は今後更に重要性が高まっていきます。

それを実現するための共創インフラSNS「CTime」を軸とし、価値のシェアによって世界を繋ぐと共に、持たざる者が持て余す時間の中に、イノベーションやベンチャーのタネを見つけ育成し、多様性に溢れるシーズを育み、CVC(企業によるベンチャー投資)に変わる、PVC(プライベートVC)が通用するという起業文化を作り、「子供がなりたい職業ナンバーワンが起業家」となる時代を切り開いていきます。

「価値をシェアし世界を繋げる会社」を作り、そして「誰一人取り残さないインターネットサービスを共創する」という目標に向かい皆様と夢や未来を切り開いていきたいと思っています。

2020年3月
代表取締役
山中 陽太

アプリ事業

祝2周年!SNSアプリ「CTime」

祝2周年!SNSアプリ「CTime」

日本発SNS!CTimeで明日からの生活が変わる。

SDGs部

SDGs部

CTime「SDGs部」発足!