SDGsプラットフォーム 「第1回全国大会」 in サンリオピューロランド SDGsビジネス大賞 優秀賞を受賞

2019年10月09日(水)

2019年9月27日(金)、サンリオピューロランドにて一般社団法人 SDGsプラットフォーム主催「第一回全国大会」を開催されました。

サンリオピューロランドの小巻館長が代表理事を務めております。
今大会では小巻氏はじめ、相川美菜子氏、平本督太郎氏、 ハジ→ 氏、大川哲郎氏が審査員を務めて頂いております。

弊社は今大会で「ビジネス大賞 優秀賞」を受賞しました。

 

 

弊社の活動としまして、人々のつながりを大切にし、「ぼっちを救う」をコンセプトとした無料ソーシャルネットワークサービス「CTime」を運営しています。

ユーザー間のコミュニケーションを活性化させ、「インフルエンサー」を育成し活用する事によって、社会的弱者を含めたあらゆる境遇にある人々をエンパワーメントする取り組みを実施をしています。

特に若年層や組織に属さない ”取り残されがちな人々” に焦点を当て、気づきと教育の機会を与えることが可能であると同時に、企業や自治体と個人の「接点」として、その役割は今後重要性が高まると思われます。

弊社では、日本の「和の精神」とSNSの組み合わせによるイノベーションによって、あまねく個人のSDGsリテラシー向上とその目標達成に貢献できると考え、SNSを駆使したSDGsの普及啓発と個人取り組みの推進を行っています。

 

 

未来を考えるのであれば、この考え方では何も生まれません。
皆で持続可能な平和な世の中をつくるには、SDGsの考えをもっともっと知ってもらう必要があります。

イベントの中では、ハローキティと全国のゆるキャラがSDGs達成に向けた宣言を行い、皆が安心して暮らせる世の中にするため、全国各地で特色を持った活動を展開しています。

SDGsと経済活動を同時に行い、社会課題解決に取り組んでいる先進的な企業・団体の取り組みを表彰し、SDGsが示す未来を一人ひとりが感じ取り、今後のビジネスを通じたSDGsの活動へと展開を拡げていくイベントです。

 

 

SDGsプラットフォームでは3本の矢として 「中小企業へのSDGsの推進」「女性の活躍」「次世代の子供達」を掲げ、 国内外のSDGs推進活動実施に率先して取り組んでおります。

そして、SDGs達成にはパートナーとの連携が不可欠です。
『第1回SDGsビジネスアワード』では、 SDGsと経済活動を同時に行い、社会課題解決に取り組んでいる 先進的な企業・団体の取り組みを表彰。

SDGsが示す未来を一人ひとりが感じ取り、今後のビジネスを通じたSDGs活動へと展開を拡げていきます。

 

 

当イベントは外務省様、サンリオピューロランド所在地の多摩市様に、後援頂いております。
外務省様の公式Twitterアカウントより、当イベントの告知ツイートを行って頂いております。
※ 2019.09.19 追記

 

当記事のSDGsプラットフォーム 「第1回全国大会」 in サンリオピューロランドやその他SDGsに関しては 下記サイトにして詳細が記載されておりますので、是非ご覧くださいませ。

https://sdgs-navi.com/sdgsplatfoam_sanrio1

  |